キャットフードの保存、どうしたらいい?

キャットフードの保存方法についてご紹介します

賞味期限切れの危険性

賞味期限切れのキャットフードは、やはり人間の賞味期限切れの食物と同じように、健康に害を与える可能性があります。品質も落ちますし、味も落ちます。それに、猫自身は文字が読めないですから、何も知らずに食べてる、と思うとすごくかわいそうです。そして、もし賞味期限切れのキャットフードを勿体無いから、とか安いから、という理由で食べさせ続けて、健康を害して病院通いになったら、実はそのほうが高くついてしまいます。猫の病院代は想像以上に高いものです。ケチって損をする、その上大切な猫にかわいそうな思いをさせるのでは意味がありません。賞味期限をきちんと把握して、保管場所、保管方法に気をつけて、おいしい状態のキャットフードを猫に与えてあげてください。

安い時にまとめ買いをする、それは問題ありませんが賞味期限の把握をきちんとするように心がけましょう。ただ、基本的には買いだめしないほうがいいかもしれません。理由は、家で保存すると一日中クーラーをつけているわけでもありませんし、その環境ではフードの劣化が進んでしまうからです。すぐ使い終わることができる量を買ってきて早めに使い切る、それが最善でしょう。安心して愛猫に与えられる良いフードを選び、正しく保管して、おいしく食べてもらう、間違っても賞味期限切れのキャットフードを食べさせるのはやめた方が安心です。

缶詰の場合は?

基本的に、私たちが食べる一般的な缶詰やレトルト食品と同じ保管方法で問題ありません。強いて言うならば、やはりドライフードと同じように、「温度の変化が少ない場所」「直射日光の当たらない場所」「湿度の低い場所」が無難です。そして開封後は別の容器に移しかえて、冷蔵庫に入れ、1日以内に使い切りましょう。そんなに早く?と思われるかもしれませんが、缶詰などのウエットタイプのキャットフードは開封した直後から痛み始めます。なぜならウエットフードは水分が約75%を占めており、いわば「生もの」のようなもので、とても腐りやすいです。迅速に移しかえることが大切です。缶のままで置いておくと、カビや雑菌がすぐ発生してしまうので気をつけることが大切です。

冷凍も不可能ではありませんが、できるだけ早く使い切ったほうがいいです。解凍後はすぐに食べてもらいましょう。しかし、開封直後と比べるとかなり味が落ちてしまうらしいので、あまり食いつきはよくないかもしれません。食べてもらえる量をその場で開けて全て食べてもらう、それが一番いいです。猫は生き物なので、日によって食べる量が全然違うため、現実的には難しいかもしれませんがそれが理想です。