キャットフードの保存、どうしたらいい?

キャットフードの保存方法についてご紹介します

保管場所について

お店で売られている時、キャットフードは常温の場所に普通に置いてあります。なぜかというとその理由は、ズバリ開封前だからです。私たちの食品と同じです。開封前であれば、常温保存でも大丈夫です。しかし、商品によっては開封後の保管場所が変わる場合があります。開封後にそのまま出しっぱなしという方がいるならば、今すぐやめてあげてください。いくら賞味期限内だと言っても、どんどん酸化が進んでいってしまいます。酸化が進んだキャットフードを食べ続けていたら、臓器や脳に障害が出たり老化が促進されてしまう恐れもあります。今すぐキャットフードの保管方法について見直しましょう。

パッケージにチャックがついているキャットフードなら酸化に不安はありませんが、チャックがついていないキャットフードの場合は、タッパーかビニールのチャック付き袋に詰め替えましょう。おすすめはビニールのチャック付き袋です。1日分ずつ袋詰めし、できるだけ空気を抜いた上で、食品乾燥剤を入れるとよいでしょう。置く場所は「温度の変化が少ない場所」「直射日光の当たらない場所」「湿度の低い場所」が好ましいです。私たちが開封済みの食品を置く(保管する)時とほとんど気をつけるべきところは同じです。それならば冷蔵庫に入れたらどうかと思う方もいるかもしれませんが、冷蔵庫に入れていたフードは冷たすぎて猫が好まなかったりしますし、常温との温度差で劣化が起きてしまうこともあります。気をつけましょう。

キャットフードの賞味期限

まず最初に「賞味期限」の意味についてですが、ハムやソーセージ、缶詰などのように、冷蔵もしくは常温で保存できる食品に対して賞味期限という言葉は使われます。他にも「消費期限」という言葉がありますが、消費期限は保存のきかない食品に対して使う言葉となっています。つまりは、消費期限=期日を守って食べないとお腹を壊す可能性が高い、賞味期限=多少日付を過ぎても食べられる場合も有り、となるのですが、やっぱり愛猫のことを考えたら、賞味期限内に食べさせてあげたほうが健康のためにはいい、それは間違いありません。ドライフードの場合は、開けた瞬間から酸化が進みます。ということは、味も鮮度も食べ終わる頃には最初に比べるとかなり落ちてしまっている、というわけです。パウチや缶詰に入ったキャットフードも開封後はできるだけ早く使い切りましょう。

ちなみにキャットフードとひとくちに言っても、賞味期限はさまざまです。製造日から考えて、かなり長いものもあれば短いものもあります。そんな時、どちらのキャットフードを選んだほうが猫のためになるのでしょうか?答えは、「賞味期限が短い」ほうです。なぜなら、賞味期限が長いキャットフードには防腐剤や酸化防止剤が多く使われているからです。それだけでなく賞味期限が長いキャットフードには、猫にとって消化が難しいとされている穀物が多く含まれていることもあるようです。賞味期限が不自然なくらい長いものはできる限り買わないように心がけましょう。猫の健康のために、少しでも長生きできるように、飼い主として選んであげることが大切です。